私の実家はドが付くほど田舎です。
その田舎の駅周辺は夜になるとあまり人通りがありません。
しかし、そんなド田舎の夕暮れ時に占い師が居ました。
木製の机に占いと書かれた紙。
そして普通の出で立ちのパイプ椅子に座っている女性。
田舎では始めて見る光景でした。
興味本位で声をかけ、占ってもらうことに。
遠目では若い出で立ちでしたが、近くで見ると40〜50代といったところ。
占料三千円を前払いして、まず手相を見てもらいました。
三千円が安いか高いか私には分かりません。
念のため追加料金があるのか聞いてみました。
あなたみたいな好奇心旺盛な人はいないので、長くなってもいいよとのこと。
遠慮なく色々と聞いてみました。
結婚運、金運、仕事運の基本から。
好奇心旺盛なので、うまくいかせれば仕事は成功するとか。
占う前と言ってること一緒やんと思いながら、聞いてました。
ですが、結婚運だけ年齢を当てられました。
婚約している人と結婚する時期が同じだったからです。
占いを気にして合わせたわけではありません。
自然な流れでの婚約から結婚です。
金運に関しては、貧乏でも幸せだよという意味深な言葉を頂きました。
幸せならいいかと当時は思ったのですが、結婚しても貧乏はなんだか嫌だなぁ。
あれこれと、半分世間話のような占いを受けました。
占った時間は1時間もなかったと思います。
余談ですが、おばさんと呼んでいたらお姉さんと訂正されました。
その自称お姉さんとはそれ以来あっていません。
実家に帰省しても、家族に聞いても見たことがないとの事。
流浪の人なのか、気まぐれなのか、別の何かなのか。
それは分かりません。
ただ、その時は占いで少し元気をもらった気がします。
自分でも気が付かないうちに疲れていたのかもしれません。
一会だったとしても、あの占い師に会えたという巡りあわせが不思議で。
心の支えの一つになっていると感じています。

意外な占いが当たったことがあります

私は学生時代から占いに興味があり、占いの雑誌を買ったりしていました。
いつも自分の占いをすると、自分が希望している通りの結果が出ないことが多かったように思います。

しかし、そのような中でも意外な占いで当たったことがありました。
それは友人とレストランで食事をしていた時に、一昔前まで良くあった、テーブルの上に置いてある占いでした。

確か1回200円くらいだったと思うのですが、私はその占いをいままでやったことがありませんでした。
その当時でも、その占いはかなりレトロで昭和な感じがしました。

珍しい占いがあったので、試しにその占いで占ってみることにしました。
すると、恋愛運で良いことが書いてありました。

私は半信半疑でいたのですが、その直後に少し連絡が途絶えていた彼氏から連絡がきました。
私は当時、恋愛が少し上手くいっていなくて、そのことで悩んでいました。

ですが、今まで恋愛運を占っても良い答えが出てきませんでした。
意外な占いが当たったことをその時に一緒にいた友人に話をしたら、友人も「占いが本当になったね」と言っていました。

偶然かもしれませんが、たまには良いことが占いで当たることもあるものだとその時は改めて思いました。

私は悩みがある時に普段やらないような占いをすることが多いのですが、ほとんど当たったことはありません。
期待しすぎているのかもしれませんし、自分が見過ごしているだけなのかもしれません。

今後は占いの結果ばかりを気にしすぎずに、良いことが当たったらラッキーくらいに捉えていきたいと思っています。