占いにはいいことも悪いことも書いてあるのが普通です。いいことばかり書いてある場合私はそれを信じません。タロット占いは出たカードで善し悪しがはっきり分かれるためその限りではありませんが・・・。

タロット占い以外で、たとえばライフパスナンバーで自分を占うときは悪いこともちゃんと書いてある占いを信じます。ネットで見るとちょっと言い回しを変えたような占いが目立つけれど、多くの占いの中から私が信じるのは悪いことをちゃんと書いてあるもの。

悪いことを知っていればその都度対策を立てられます。いいことばかり書いてある占いは安心感は十分だけど内容は薄いように思えます。理想としてはいいことが7割くらいで、残り3割は注意点とかマイナス要素が書かれていて、またそれに対するアドバイスが書いてあれば満点。

占いを信じすぎている人は悪いことが書いてあると落ち込むでしょう。私も最初はそうでした。悪いことを信じてしまいその日1日落ち込むことも。せっかく占いをしてもこんな風に落ち込んで時間を無駄にしてしまうのはもったいない!と気づいてから占いを信じすぎないことが大事だと思っています。

占いとはひとつの方向性を示してくれるもの。ただそれだけなのに100%信じてしまうからウキウキしたりどん底に落ちたり、ジェットコースターに乗っているような気分になるのです。

占いは適度にやって適度に楽しむもの。占いに貴重な時間を使ってそして落ち込むことはありません。


信じすぎ厳禁!?占いを受ける前に知っておきたいこと

占いって、とても神秘的で響きがいいですよね。
自分の悩み事の解決法や未来がわかるなら、こんなにいいことはありません。
さてここでは、占い師さんにみていただくうえでの注意点をお伝えします。
占い師さんのなかにはいろいろな目に見えないものが見える方や、
悩みを如実に言い当てる方もいますが、ぜひ心がけてほしいのは、
占い結果が思わしくなくても、落胆したり、絶望しないでほしいということです。
今見えている未来というのは、あなたが今の生活や心のありようをこれからも続けた場合、
という仮定のもとにあります。たとえば占い師さんに、
「あなたは一生独身でしょう」「職場は気がよくないので転職しなさい」などと、
ガッカリしてしまうようなことや、到底無理な解決法を押しつけられることがあります。
もちろん、転職をすることがあなたをよい方向へ導くことだって、あります。
しかしそれは、あなたが今のままでいると仮定した未来なのです。
一生独身だと言われても、もしかすると早起きをする、食事に気をつける、
心から楽しめる趣味を見つけるなど、あなたに変化が見られ、
なにかの要因が変わった場合、未来というのは電車が路線変更するように、
大幅に変わっていく可能性だってあるのです。
それは逆に、あなたが占いの結果に慢心し、怠惰な生活や他者との関わりを続けたとき、
あなたの未来は占いの結果が外れた、
と感じるほどよくないものになるおそれを孕んでいるのです。
とても困難な状況に陥り活路が見いだせないとき、
人は不安になって手近にあるものにすがりたくなりがちですが、
あくまでも占いはアドバイスの一つ、と捉え、
自分の未来はあくまで自分で切り開いていく心構えで占いをされると、
明るい未来へと進んでいくことができますよ。