ココナラの「占い」カテゴリーで一番人気なのが、「霊感占い・スピリチュアル」

「占い」カテゴリーでもっとも人気なのは、圧倒的に「霊感占い・スピリチュアル」のカテゴリーです。なぜ人気なのかと申しますと、霊感占いは、タロット占いや手相・四柱推命といった勉強して身につける占いとは違い、限られた人にしか出来ない占いだからです。霊感を用いた占い師さんの多くは、ご家族・ご親族が霊能師・シャーマン・いたこだったり、生まれながらにして霊感が強かったり、ある時を境に人に見えない物が見えるようになったり感じられるようになったりするそうです。霊視の能力は、選ばれた人に与えられた貴重な能力と言っても過言ではありません。

霊感を使って人や動物の気持ちを霊視出来る方々は一時期テレビでもよく拝見していました。ちょっと古いですが、宜保愛子さんは「霊能師」としてご活躍をされていました。江原啓之さんは「スピリチュアルカウンセラー」といった肩書きでご活躍されていて、「スピリチュアル」というフレーズを世に知らしめた人ですね。霊感占いを生業としていない人でも、例えば美輪明宏さんは江原啓之さんとタッグを組んでかつて「オーラの泉」という番組をやっていましたが、江原啓之さんと同じような霊視能力があるようですね。ゲストの方の守護霊や前世の話をする江原さんの話に頷いたり補足したり、時に耳打ちして2人で顔を合わせくすくす笑ったりして番組を盛り上げていました。また、江原さんが番組収録中に霊に憑かれて(憑依されて)しまった時には、美輪さんは江原さんの背中に向かって念仏を唱えて霊を払っていました。

テレビなので演出と言ってしまえば霊を取り扱った番組なんていくらでも作れてしまうのも事実なのですが、霊障で時に緊迫した状況になったり、相談者に異変が起きたり泣き出したり、科学では解明出来ない事って本当にあるんだな〜と思いました。相談者の過去・現在・未来・周りの人・部屋の中まで見えてしまう「霊視」の力ってすごい!とドキドキワクワクしながら当時テレビを見ていました。霊感を持っている人はどこか特別で身近にもいなかったので、テレビに出る人って霊視してもらえていいな〜とも思っていました(笑)。

それが、「ココナラ」の占いカテゴリーで霊感占いがあるのを知って、江原さんのように霊感を持っている人がこの世にはこんなにもいるんだという事実にも驚きましたし、自分や自分に関わる人の事を電話やメールで家にいながらにして霊感で占ってもらえるとは夢にも思いませんでした。今や、霊感占いがこんなにも身近なところにあるのだなぁと。

人の気持ちはもちろん、自分の本当の気持ちですら何を考えているか解らないとつくづく思いますが、霊感で人の気持ちが見えちゃうのだとしたら、タロット占いとかそんな遠回りな事やっている場合じゃない!霊感占いを使わない手は無いじゃん!!と思ってしまい、ココナラを知ってからは、ことあるごとにココナラの霊感占いサービスを購入しています。