ここのところ占いといえばネットをイメージする人が増えたと思います。女性は占い好きが多いですよね。時には日に何度も占いたくなるでしょう。そうなるとひとつの占いだけでは足りなくなり何種類もの占いをすることになります。

私も占いが好きです。自分に自信がないから占いにはまります。もし自分に自信があったら占いなどする時間がもったいないと思うでしょう。私は一度占い出すと時間無制限で占いに集中してしまいます。

ネット占いは本当に素晴らしい・・・こんなに便利だといつも利用したくなります。いちいち書店へ行かなくてもお金を使わなくても、好きなだけ好きなタイミングで占いができます。私はここ数年占いはネットオンリーになりました。むかし集めていた占い本はフリーマーケットで安く売り必要な人に使ってもらってます。

さて、ネット占いで注意したいことは有料占いの利用ですね。無料占いだと十分な情報量でないことが多く、その先が気になると有料でもいいかなと思ってしまいがち。高額ではなく自分で支払える料金であれば問題なくても、有料占いにはまると請求が高額になることも。

無料占いの情報では満足できなくても占いはどこまでいっても占いなんです。無料占いの情報からイメージを膨らませれば有料占いに走らなくてすみます。無料占いだけで足りるようにそこは気をつけた方がいいですし私も日々気をつけていますよ。無料大好きな私はこれまで1度も有料占いは使っていません。

巷に水晶占いが少ない理由とは

アニメや漫画で登場する占い師はよく水晶玉を持っていますが、実際の占い師で水晶玉を使用する人はあまりいません。なぜなら水晶自体高価で手に入りにくく、仮に手に入ったとしても持ち運びに不便などの理由があるからです。
また筮竹やタロットカードなど、出た結果によって判断するものではなく、水晶玉はそれ自体に占い結果が出るわけでも写るわけでもありません。したがってたとえ水晶玉を使う占い師がいたとしても、それは水晶玉の中に未来が見えているわけではなく、占い師が独自にインスピレーションを感じているだけということになります。逆に言えば、水晶玉からインスピレーションを感じ取れるある人だけが水晶占いができるということになります。
ですがこれはそう簡単なことではなく、かなりの直観力、霊力などが必要になってきます。中にはただのポーズとして水晶玉を使用している占い師も少ないながらいるかもしれませんが、実際に水晶玉を媒体に占いをしようと思うと、かなり高い能力が求められるというわけなのです。
こういったことから巷に占い師は数多くいるものの、水晶占いが少ないのはこれらの理由によるものなのです。ですがそんな希少な水晶占い師をもし見かけたら、占ってほしい気もしますね。なかなか出会えない水晶占いだけに貴重な経験ができるかもしれませんし、本物の占い師であればかなりの能力を持った人だということになるので、どのような結果が出るのか聞いてみたいものです。

血液型占いは日本においてのみ発展している

日本において、ポピュラーなのは血液型占いです。昔は朝の番組で、よく血液型占いをやっていました。今でも血液型で人の性格を判断するというのはよくあります。たとえばA型は几帳面、O型はおおらかといったことです。
血液型で人の性格を決め付ける人は結構いて、最近ではブラッド・ハラスメントと言われています。いまや血液型による性格診断はハラスメントにまで発展しています。もしかしたら徐々に血液型占いは廃れてくるかもしれません。
しかしそもそも血液型占いは日本独自のものです。日本以外では台湾と韓国でしか知られていません。しかもごく一部の地域のみで、国全体に広まっているわけではないのです。名ので血液型占いがポピュラーなのは日本だけだということです。
そのため血液型で運勢や性格を判断する占いは、海外から見ればおかしなものとして映るようです。ですので海外の人に血液型による性格判断をしても、一笑に付される可能性大です。それ以前に海外には自分の血液型を知らない人もいます。日本人は大抵自分の血液型を知っていますが、これも世界的に見ればわりと特殊なことなのです。
それゆえに世界中で血液型占いは定着することはなく、日本においてのみ発展しています。もっと言えば、海外と日本では血液型の分類も違います。国によっては六種類の血液型を用いているところもあるそうで、こうした点を踏まえても血液型占いは世界的に見ても特殊な占いと言えるかもしれません。