手相、タロット、生年月日など、占いには色々な種類がありますが、私がよく当たると思うのは手相占いです。実際に色んな占い師に色んな方法で占ってもらったことがありますが、手相が一番当たっていると感じました。しかし、占いの種類にはそれぞれ、自分の悩みや知りたいことに適した方法があると考えます。
ある占い師によれば、手相は3ヶ月ぐらいで変化するようで、線は変わり続けます。そして他の誰とも違うものです。他の占いに比べて、多様な結果が得られるし、その時の自分の状態もわかります。
私はその時の健康状態をよく見てもらうのですが、自分では気づけない部分や弱い部分を教えてもらえるので、健康管理の参考にしています。仕事や恋愛について占ってもらったこともあり、仕事を辞める年齢や、結婚の年齢などが当たりました。
手相は時が経つにつれ変化していくそうなので、今の状態や大まかな未来など知りたい時には適した占いだと思いますが、細かい相談などには適さないかもしれません。占いをする際は、自分が占いたい内容を明確にしていくことが注意点です。
タロット占いは過去・現在・未来など、悩んでいることがどう変化していくかを占うのに適していると思いますし、生年月日での占いは色んな内容を細かく知りたい時に適していると思います。お互いの性格や相性を占ってもらうのも生年月日での占いが適していると思います。
占いは良いことが当たれば楽しいですが、当たる当たらないよりも、自分の中で考えるきっかけになったり、悪いことであれば気をつけるきっかけになったり、日々の生活での参考になります。占いをそのまま信じすぎず、自分の為になる使い方をすることが、占いを楽しむコツだと思います。
自分に合った占いの方法や占い師を見つけることで、自分なりの占いの楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか。

占いで自分を見直すことにしています

私は仕事をいつも走りながら行っているところがありました。立ち止まることをしないので、その後に大きな失敗をしてしまうこともあります。そんな時、どうしてだろうと思うのですがまた忙しくなると同じように走ってしまうのです。それはいけないと思う暇もなく、そのように突っ走るところがありました。すると、大切なことを見落としてしまうこともありますね。
そしてその失敗が取り返しのつかないことになった時に、ほんとうに困ったのです。その時に、いつもだったら仲の良い友人に相談をしてアドバイスを受けることにしています。しかしそのときは、そんなこともできなかったのです。不思議なことですが、とても困りすぎたときにはそんな行動をすることができないことがわかりました。それは私だけかもしれませんが自分でせめてしまい、立ち直ることがむつかしくなるほど、落ち込んだのです。
その時、友人が勧めてくれたのが占いです。占いをすることにより、自分のしていることを見ることが出来ると言ってくれたのです。それまで、自分の行動を見直すことがなかったので同じことで失敗をしていたんですね。私のクセを直さない限り、そのことを続けていたと後から思うことがありました。
占いと受けた時に、まさに真実をずばっと当てられることがありびっくりしたのです。その後は、その占い師の人のアドバイスをきくこことができました。そのアドバイスは、今も何かあった時に必ず思い返すことにしています。